逆流性食道炎

国家資格のある院長なので安心

こんな悩みでお困りではありませんか?

  • 酸っぱいものがこみ上げてくる
  • 胃酸が逆流する感じがする
  • 時々、吐き気に襲われる
  • 胸焼け・呑酸などの不快感がある
  • 喉の違和感・声がれ

お客様の声

食道への「つかえ」も以前より改善されました。

お客様写真
アンケート用紙

1:来院前に、どのようなことで悩んでいましたか?

肩こり、食事中の食道の「つかえ」があり苦痛でした。

自律神経の乱れからくる倦怠感、イライラもありました。

2:多くの院があるなかで、当院を選んでいただいた理由や決め手をおしえてください。

HPを見て

3:実際に施術を受けてみて、どんな変化がありましたか?
肩こりは施術前・後ではすごく肩が軽くなりました。

食道への「つかえ」も以前より改善されました。

気分的にもリラックス出来ました。
4:これから来院される方に、メッセージをお願いします。

明らかに効果が実感出来ます。

おススメです!

 

 

お名前:S.I様 ご年齢:35歳 お住まい:西尾市 ご職業:営業職 性別:男性 症状:肩こり、自律神経の乱れ

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

逆流性食道炎の一般的な病院での処置法

  • 薬物療法(胃酸の分泌を抑える働きがあるプロトンポンプ阻害薬など)
  • 食事療法
  • 生活指導

薬

逆流性食道炎の原因

食べ過ぎ・早食いの方

食事の後にすぐに横になり、寝てしまう方 食べてすぐ寝る人は胃酸が逆流し、炎症を引き起こしやすいです。

  • 寝てしまう方
  • 胃酸の逆流

飲酒・喫煙

アルコールやタバコは食道を刺激します。

また下部食道括約筋を緩め、機能を低下させてしまいます。

  • タバコ
  • お酒の飲みすぎ

肥満傾向の方

肥満

姿勢が悪い・猫背の方

姿勢が悪い

施術内容

強い力でグイグイ押したり、骨をポキポキさせて矯正させることはやっていません。

軽く触れながら骨の歪みや筋肉の緊張、神経による痛みを改善させていきます。

逆流性食道炎は、局所のみ施術しても良くなりません。

 オカダ治療院では、身体の全体のバランスを診て、軽く触れながら優しい力で全身の骨の歪みや筋肉の緊張を取って行きます。

痛くない気持ちいい施術で、人間本来そなわっている自然治癒力を最大限に引き出し、改善させていきます。

 逆流性食道炎は、背骨と骨盤の歪みを整え、硬くなった筋肉、腱、靭帯を緩め、自律神経の機能を回復させることで改善されます。

 

他院と当院との違い

違い その1

安心の国家資格保持者

当院の院長は、厚生労働省認定の国家資格をもった施術家です。
あん摩マッサージ指圧師、鍼灸師、柔道整復師の学校にて、6年間学びました。

  • あん摩マッサージ指圧師免許証
  • はり師免許証
  • きゅう師免許証
  • 柔道整復師免許証

違い その2

最新の施術機器

スポーツ選手も使う最新の施術機器を使用

当院では、スポーツ選手が使用する大変施術効果の高い総合電気刺激装置超音波機器を使用しております。 院長自身、ぎっくり腰の時など、使用しています。

違い その3

ストレッチ指導

再発を予防するセルフケアをお伝えします。

痛い所を良くするだけでなく、再発の予防まで見据えた
ストレッチ 体操を教えています。
太極拳、武道に精通する院長が、より効果的な、
ストレッチ、体操を指導しております。

違い その4

長野式マスター修了証

地域で唯一の施術法

ハーバード大学の医学部でも行われている、長野式という施術法を使い施術します。
どのような症状の方にも、必ず全身の調整をします。
お腹のツボを使い、瘀血(おけつ:滞った血液)の流れをよくし免疫力を高める施術をします。

違い その5

タイマッサージ免許証

世界の施術を研究、研鑽しています。

世界には、あらゆる所に、効果的な伝統医学が 存在します。
年に数回海外にて研修し施術技術の研鑽に 取り組んでいます。

施術料金

HP限定!初回割引キャンペーン

どんな症状でも同じ料金です、

ご安心くださいませ^^  

0120764763

LINE予約

追伸

追伸

 

身体のどこかに痛み、しびれなどの不調なところがあると、なかなか気持ちもどこか元気が出てこないものです。

 

そのような状態がつづくと、仕事、学校、家事など頑張ることができません。

 

あなたが本来の元気な自分を取り戻せば、その周りの人たちも元気になり、みんなが幸せになって行きます。

 

是非、私と一緒に元気な身体づくりをしていきましょう。

 

あなたからのご連絡お待ちしております。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加