仕事中の顎の痛みと、それによる頭痛 「顎関節症の症例②」

お客様

35歳、女性

来院

2020年1月

症状を改善したらやりたいこと

痛みの不安なく仕事がしたい

初回施術

・全身の西洋・東洋医学的検査を行う。

・全身施術を行い、自律神経・骨格のゆがみを整え血液循環をうながす。

2回目の施術(1週間後)

あまり変化せず。

・全身調整施術を行う。

・光線療法にて血液循環をうながす。

 

指導として

・入浴中の顎関節の運動療法

・肩、肩甲骨周囲のストレッチ法

 

 

3回目の施術(2週間後)

あまり変化せず。

・全身調整施術を行う。

・光線療法にて血液循環をうながす。

 

4回目の施術(1ヶ月後)

少し痛みが楽になる。

・全身調整施術を行う。

・光線療法にて血液循環をうながす。

 

5回目の施術(1ヶ月半後)

顎関節の痛み軽減する。

初めの痛み100➡30程になり、仕事に支障がなく

楽に出来る様になる。

 

・全身調整施術を行う。

・光線療法にて血液循環をうながす。

 

6回目の施術(2ヶ月後)

顎関節の痛み軽減する。

仕事にも支障が無くなり、とても

顎関節症について詳しくはこちら

顎関節症