足を引きずる程の足裏の痛み「足底筋膜炎の症例②」

お客様

30歳、女性

 

来院

2019年9月

 

主訴

仕事(工場勤務)で足の裏が痛くなり、病院を受診し
両足底筋膜炎と診断される。
数時間歩くと痛みで足を引きずるほど。

 

 

症状が改善したらやりたいこと

仕事を続けていきたい。
足の痛みを気にせず遊びに行きたい。

 

 

初回施術

全身の西洋、東洋医学的検査を行う。

全身施術を行いゆがみを整え、血液循環をうながします。

2回目の施術(2日後)

あまり変化せず。

両足底部に熱感あり。

 

・全身調整施術を行う。

・光線療法にて血液循環をうながす。

 

指導として

・入浴時の両足のストレッチ法

・竹フミなどで足底部を刺激しない様に注意しました。

3回目の施術(4日後)

あまり変化せず。

両足底部に熱感は軽減する。

 

・全身調整施術を行う。

・光線療法にて血液循環をうながす。

 

5回目の施術(11日後)

足底部の熱感消失。

初めの痛み100➡30程になり、

軽いウォーキングであればできる様になる。

 

・全身調整施術を行う。

・光線療法にて血液循環をうながす。

 

指導として、

・自宅でできる足全体の筋力トレーニングを指導しました。

 

12回目の施術(1ヶ月半後)

初めの痛み100➡0になる。

足底の痛みが消失し、とても喜ばれる。外出する時も足の痛みに悩まされる事もなくなる。

 

足の痛みは日常生活に多大な悪影響を与え、その方の生活の質を著しく低下させる為、

より早期に改善できるよう、さらなる施術技術の研鑽の必要性を感じました。

 

足底はメンテナンス施術をしつつ、

頭痛、アレルギー症状の改善の鍼灸施術を継続中。

 

 

著者紹介

院長写真

著者:岡田行王(おかだゆきお)

資格:あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師・柔道整復師

愛知県西尾市 オカダ治療院院長「元氣になって人生がたのしくなる」をモットーに日々頑張っております。

肩こり・腰痛から自律神経の乱れまで、

改善に導くだけでなく、

再発しにくい身体を目指す整体です。